破れた障子の個性的な治し方

エナホームTOP PAGE > エナのブログ一覧 > 破れた障子の個性的な治し方

破れた障子の個性的な治し方


ペットを飼っているお家や小さいお子さんのいるご家庭では、幾度と無く障子に穴が開くことはありませんか。

何度も補修するのが大変な場合は、障子紙を貼るのをやめて、障子に布を貼るようにしてみるといかがでしょうか。

布を貼るメリットは、破れないうえに剥げても貼り直しやすいことです。
障子の桟にのりでもいいのですが、障子用の両面テープを使ってよく伸ばしながら接着するとやりやすいです。
布端の切断した所が見えないようにマスキングテープを貼るのもおすすめです。
ほつれ止め代わりにもなります。

ローンやレース等の薄い生地を使用すればしっかし光を通すことは可能ですし、綿や麻のような天然素材や、ポリエステルのように薄くても丈夫な素材を使えば、汚れた時に剥がして家で洗濯することも可能になりますので、手入れも楽になります。

最初は無難に白地や薄めのパステルカラーに、小さめの柄が入っている布を試しに使ってみて、様子を見るといいでしょう。

特に寝室に使う場合は目が疲れて落ち着かないと困りますので、おとなしい色柄の布を使いましょう。

慣れてきたら、個性的な色柄物の布を使ってみるといいでしょう。
柄次第で部屋の雰囲気作りにも役立ちます。

藤井寺・羽曳野・富田林・柏原の新築・耐震住宅・注文住宅なら
エナ・ホームにおまかせください。

------------------------------------------------------------------------
エナ・ホーム株式会社
フリーダイアル:0120-138-011
営業時間:10時〜18時
お問い合わせはこちら
-------------------------------------------------------------------------

コラムカテゴリの関連記事

エナのブログ一覧を見る