住まいにおける地震対策の種類と違い

エナホームTOP PAGE > エナのブログ一覧 > 住まいにおける地震対策の種類と違い

住まいにおける地震対策の種類と違い

住まいにおける地震対策の種類と違いについてご紹介します。

耐震は、建物の骨組みなどを強化して
地震の揺れに対応して崩壊を防ぐように出来ています。

免震は、地震の揺れを吸収して
建物へ伝わりにくくする仕組みが施されているのです。

制震は、地震による建物の揺れを制振装置が吸収することで
建物に伝わりにくくする仕組みで揺れを抑えます。

地震の揺れを感じる事が無ければ
冷静に行動することができますよね。

コストはかかりますが、揺れを軽減するには
大切な仕組みなのです。

地震に抵抗するために必要なことは、
いかに揺れを抑えることが出来るか。

板を入れたり、鉄球やゴムなどで振動を抑えることで
建物自体に破損する可能性を低くしています。

綻びが起こると一気に壊れてしまうこともあるので、
地震に抵抗出来るように対策を取っておきましょう。

それぞれ工法に特徴がある為、十分に理解をして
安全性を向上させることを考えておかなければいけません。
————————————————————————-
エナ・ホーム株式会社
フリーダイアル:0120-138-011
営業時間:10時〜18時
お問い合わせはこちら
————————————————————————-

------------------------------------------------------------------------
エナ・ホーム株式会社
フリーダイアル:0120-138-011
営業時間:10時〜18時
お問い合わせはこちら
-------------------------------------------------------------------------

コラムカテゴリの関連記事

エナのブログ一覧を見る