カーテンの正しい測り方

エナホームTOP PAGE > エナのブログ一覧 > カーテンの正しい測り方

カーテンの正しい測り方


家のカーテンを新しく購入したい場合、
正しいカーテンの測り方を覚えておくことが必要です。


まず、今取り付けてあるカーテンの長さを
直接には測らないことが大切です。

カーテンの丈はレールのランナーの穴を基準として、
床に対して垂直になるように測ることがポイントです。

メジャーで実際に測ってみます。


次に、カーテンの幅を測る時は、
ランナーが動く部分の内側を測ることを覚えておきます。

さらに、腰窓の場合は長く算出されるので
近くに物がないかチェックすることも必要なことです。

物が置いてあり、カーテンがかかるようになっている場合は、
正確に測りにくくなっていますので、周囲を片付けることも必要です。


また、採寸をする時には、ものさしではなく
メジャーで測ることも大切です。

レースとドレープの2つのカーテンをかける場合が
多くなっていますが、レースのカーテンは、
ドレープよりも1から2cmほど短くしておくこともポイントです。

藤井寺・羽曳野・富田林・柏原の新築・耐震住宅・注文住宅なら
エナ・ホームにおまかせください。
https://enahome.co.jp/

————————————————————————-
エナ・ホーム株式会社
フリーダイアル:0120-138-011
営業時間:10時〜18時
お問い合わせはこちら
————————————————————————-

------------------------------------------------------------------------
エナ・ホーム株式会社
フリーダイアル:0120-138-011
営業時間:10時〜18時
お問い合わせはこちら
-------------------------------------------------------------------------

ブログカテゴリの関連記事

エナのブログ一覧を見る