当社が採用しているパナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーの家は全国で累計61,443棟達成の住宅です(2018.12現在)

現場レポート

エナホームTOP PAGE > 現場レポート一覧 > 羽曳野市誉田 O様邸

羽曳野市誉田 O様邸

現場レポート

2019年05月30日

お引渡し

完成見学会、外構工事もほぼ終わり、いよいよ、お引渡しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お引渡し式のテープカットも外構が完成した中で行えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

外部は暑い日でしたが、さすがにZEH住宅。快適な室内で滞りなくお引渡しを終えることができました。

今後、ZEH住宅で施主様ご一家の快適な暮らしが期待できそうです。

最後には施主様からお手紙もいただき、本当にうれしいお引渡しでした。

 

2019年05月23日

クリーニング

床などを覆っていた養生材が撤去され、クリーニングが完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

新柄のエイジドチェスナットのLDKフローリングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面室には棚がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーニングが終わり、バルコニーからの緑もきれいに見えるような。

2019年05月19日

クロス

内部ではクロス作業が完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の居室については使用する方の好みでクロスを貼り分けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水回りのクッションフロアも。

2019年05月07日

大工工事完了

天気が良かったGWの後半、大工工事が完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内ドアや収納建具も取り付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ仕上げ作業に移ります。

2019年04月26日

足場撤去

大工工事も終盤を迎えている中、外部では足場が撤去されました。

 

2019年04月25日

太陽光

南向きの屋根に太陽光パネルが設置されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この太陽光発電と高断熱性能、省エネ設備により、ZEH住宅が実現されます。

 

2019年04月23日

石膏ボード

石膏ボードが貼られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁ができあがることで、各部屋の空間がはっきりわかるようになりました。

2019年04月19日

サイディング

外部ではサイディングが貼られていってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ足場ネットがあるので全体を見れませんが、ネットの隙間から、ベースに使われているボーダーデザインに豊かな凹凸と質感を表現したハーモレイドやアクセントに使われている重厚で豊かな表情を醸し出すトリニティストーンをうかがうことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年04月15日

通気胴縁

外部では通気胴縁が施工されています。

通気胴縁は、外壁の内部の結露を防ぐため、外壁材と透湿防水シートとの間に設けられることで壁体内に通気層を確保する役割をはたしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年04月13日

断熱材

断熱材が施工されました。

外壁には高性能グラスウールが施工され、1F床下のポリスチレンフォーム断熱材と併せて、優れた断熱性能を実現します。

今回は、ZEH仕様として、それぞれの断熱材の断熱性能を上げて施工しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年04月06日

サッシ

サッシが施工されました。

リビングはデザイン窓を中心に配置されてます。

また、防犯、台風の強風などを考え、部屋ごとにガラスの種類が異なるサッシが使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年04月04日

構造

筋かいが施工され、耐力壁ができあがっていきます。

また、サッシが入る部分も形になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、壁になっていませんが、間取りがわかるようになってきています。

 

2019年03月31日

テクノビーム

パナソニック テクノストラクチャー工法の最大の特徴であるテクノビームです。

梁の部分に木材と鉄骨の複合梁であるテクノビームを使用することで、木材住宅の梁の強度と信頼性を高めつつ、木造軸組み工法の自由度を維持しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、テクノストラクチャーでは、法律で定められた基準を大きく上回る388項目のチェックを行う緻密な構造計算が実施され、耐力壁の量、配置を決定しています。

計算の結果、特に荷重がかかるヶ所には、より強度が強いスーパーテクノビームが採用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年03月28日

上棟

いよいよ上棟です。

朝、時々、小雨がぱらつく天候の中、作業スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業が進むにつれて天候も回復し、建物外形が現れてきました。

上棟は、1日で建物が現れる、もっとも変化がわかるワクワクの日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関となる正面には、Panasonicロゴ入りのテクノビームが設置されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年03月23日

給排水工事

基礎が完成し、給排水の配管工事も行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並行して行われていた電柱の移設(交換)工事も完了しています。

来週は、いよいよ上棟です。

 

2019年03月18日

基礎完成

十分な養生後、型枠を外して基礎の完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地に対する建物位置が見えるようになり、これから建物ができていくことを実感します。

2019年03月14日

コンクリート打設

型枠を組み、コンクリートを打設して、基礎のベースを施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養生後、さらに基礎立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを打設し、基礎立ち上がりを施工ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年03月07日

捨コン~配筋

基礎下の捨コンを打ち、鉄筋の配筋を行いました。

まずは、床下からの湿気を防止するための基礎の下の防湿フィルム、捨てコンクリートの上に、基礎鉄筋を配筋し、構造設計書通りに施工できているかを配筋検査で確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクノストラクチャーでは、基礎も構造計算を行っています。

一般的な木造の家より、鉄筋の本数も多く、鉄筋自体も太いものを使い、基礎を強化しています。

 

2019年02月22日

地盤調査~改良

地盤調査が行われました。

 建築予定の建物の四隅と中央の計5カ所でスウェーデン式サウンディング(SWS)試験を実施します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き、地盤改良です。

改良工事では、セメント系固化材を水と混ぜてスラリーを作り、地盤に注入して土とスラリーを混合撹拌することにより、地中に柱状の改良体を築造していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

改良後、養生期間をおいて、いよいよ基礎工事の着工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 改良工事~基礎工事のと並行して電柱の移設工事も行ってもらいます。

2019年02月08日

解体完了

ご自宅の建て替えとなるため、お引越し、お住まいになられていた建物の解体からのスタートとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体作業が完了しました。